新2娱乐城怎么代理 娱乐城开户送体验进 金莹娱乐城的时时彩怎么样 皇冠网娱乐城网上赌博 十六浦娱乐城正规网址 金钱豹娱乐城怎样赢 三国娱乐城代理申请 龙腾娱乐城体育 长乐坊娱乐城官方网 新普京娱乐城怎么样 g娱乐城开户 百利宫娱乐城什么优惠 皇城娱乐城备用连接 娱乐城优惠网站 奔驰娱乐城线路

審査のためのいくつかのポイント。

ginkou_card18

カードローンの審査で気をつけたいポイントはいくつかあります。
まず、延滯履歴がないこと。これは當然です。例えば、攜帯料金の返済が遅れた場合などは、ローンの審査は否決となります。これは、クレジットカード払いをしていた場合に限りますが、クレジットカードの延滯履歴がある場合は通りません。ただ、延滯をしたとしても數年間、5年から8年くらい延滯履歴がなければ、過去の事故歴は消えますので、可決となります。
そのほかにも、勤続年數は重要なポイントです。何年、會社に勤続しているか。転職を繰り返ししている場合には、審査は厳しくなります。また、居住年數も同様で、転勤以外での居住年數が短い場合には否決になる可能性は高くなります。
そのほかには、その銀行との取引件數も関係します。これはカードローンだけでなく、住宅ローン、車のローン、教育ローンなども同様で、取引年數が低い場合、審査は厳しくなります。今は、ゆるくなっているかもしれませんが。
住宅ローンを借りるとき、保証料の審査があると思いますが、このときも取引年數は関係しています。
あとはいくつかポイントはありますが、消費者金融系の利用がある場合は、審査は非常に厳しくなります。たとえ、延滯をしていないとしても、これは否決にあんる可能性は高くなります。
というのは、やはり消費者金融系のイメージは一般的には緩くなったものの、銀行系ではまだまだ厳しく見られているようです。そのため、契約履歴がある場合は、非常に厳しく審査をされると思います。
金融関係の場合、増俸の共有化がされています。各種銀行、カード會社などほとんどの金融関係の企業が個人情報の境界に加盟をしています。そのため、そお個人情報の共有化をしているのです。よって、延滯履歴や事故歴なども共有化されるため、過去の履歴がばれてしまい、それが審査判斷を左右するのです。
つまり、1社が否決になった場合、次のカード會社、金融関係も否決になる可能性は高いでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Return Top
浩博娱乐城代理合作
新2娱乐城怎么代理 娱乐城开户送体验进 金莹娱乐城的时时彩怎么样 皇冠网娱乐城网上赌博 十六浦娱乐城正规网址 金钱豹娱乐城怎样赢 三国娱乐城代理申请 龙腾娱乐城体育 长乐坊娱乐城官方网 新普京娱乐城怎么样 g娱乐城开户 百利宫娱乐城什么优惠 皇城娱乐城备用连接 娱乐城优惠网站 奔驰娱乐城线路